このブログでは片山洋次郎氏の提唱する身体間の共鳴を利用した愉気法についてと、私がそこから得た知見に基づいて野口整体を気的に再検証することをテーマにしています。

​身体間の共鳴を利用した整体ブログ

仙台の整体・仙台駅歩7分

  • otua87

野口整体腹部第三(下丹田)の気的反応

最終更新: 1月20日

今度は腹部第三についての気的レビューです。

野口整体における腹部第三は恥骨から指3本上あたりです。

吸う息でも吐く息でも力が充実しているのが良い、触って温かいのがよく、婦人科系の疾患がある人は冷たく感じられるようです。


腹部第三のポイントに当たると、反射的にンーッという声と共に吐く息が促されます。これは何回やってもそうなります。これは触った瞬間にグッと下腹部に力が入った時になる反応です。触った反応は腹部第一(みぞおち)を触った時と非常に似た反応が起きます。腹部第三より下の恥骨、生殖器付近に気が集まり、下腹部に力が入り吸う息が深くなる。脚からは外側からは発散して涼しくなる反応と共に、膝が真ん中に寄ろうとします。これは内股の気が流れ骨盤が締まるときの反応です。この反応と同時に頭からは気が発散して全体的に涼しくなります。

反応の質としては頭部第一を触った時と同じですが、骨盤の集中する力が先行して、それに呼応して頭側が発散する反応が出るようです。

反応が収まって、背中側の骨盤を触ってみるとまだ反応があります。残っていた過剰な緊張部分から発散して骨盤が涼しくなる反応が促されます。

腹部第三のみを触るとどうしても骨盤側の余計な緊張が残ってしまうようなので、腹部第二と同様に骨盤側の仙椎2番辺りに手を当てて挟む感じで触った方が、よりバランスがスピーディーに取れそうです。


吸う息でも吐く息でも腹部第三に押し返す力が感じられ、呼吸がすごくゆっくりになります。ここまで行けば良い状態です。


追記


腹部123の気的反応を比べてみると腹部第2だけ系統が違う反応のようです。

2に関してはもう少しウォッチして、また後日アップします。

仙台市西島整体院予約

080-3505-7702

​要予約

  • Facebook