このブログでは片山洋次郎氏の提唱する身体間の共鳴を利用した愉気法についてと、私がそこから得た知見に基づいて野口整体を気的に再検証することをテーマにしています。

​(身体間の共鳴を利用した整体ブログ)

​仙台市青葉区の整体・仙台駅から徒歩7分TEL080-3505-7702(要予約)

合谷よりも効果のわかりやすいポイント

合谷というツボは様々な療術で使われるポイントです。 場所は親指と人差し指のまたで、2本の指が「合わさる谷間」という意味です。 経絡理論では大腸経とされ、目、鼻、歯、喉、肺、大腸の病気や痛み、発熱に効果があるとされています。 野口整体では上肢第2と言われていて、意味はだいたい同じです。 片山洋次郎氏は首の付け根(胸椎1番)と関連付け、頭がのぼせた時のポイントとして使っています。 私はツボという見方ではなくラインとしてポイントを捉えているのでどこにピンポイントに効果がある、という見方はしていないのですが、親指のラインが背骨の際、人差し指が野口整体でいう2側というように捉えています。 起こる反応としては片山さんとほぼ同じ見解で頭、特に目頭、眉間からの発散と首の付け根から上の反応がまず出ます。 今までも不思議に思うことがあったのですが、親指のラインに反応が出ているので手首~指先の方へ気の反応をたどっていくと見失う場合がありました。 で、先ほど気づきました(笑) 親指と人差し指でオーケーマークをつくり、その円の空間に触れると強く反応がするのです。重心のある側(胸椎の1番が捻じれている側)は円の内側(掌側)から外側に向かって触れ、もしくは指さす。 反対側は手の甲側から触れる。ピンポイントがわからなければ手の平の真ん中で円の空間を温める意識で触ると明確に反応が起きます。 以前から肉体に触るよりも指と指の間の方が反応が強い場合があることは認識していたのですが、親指と人差し指で円を作ればよりはっきりと反応が出ることがわかりました。 首の付け根の捻じれが大きい時と頭の中心(視床下部辺り)からの発散

左右体癖と消化器の関係

食べることと何故左右の偏りが関係するのかについての考察です。 前後の動きと行動 上下が頭 などは非常にわかりやすいというか納得感があるが、左右と食べる、というのは直感的には理解できず、長年放置してきました。 左右は自律神経系と関係が深いという記述が野口整体の著作にはあります。 左右は食べることにエネルギーが集中する体癖です。 消化器の動きは自律神経の働きによる、ということから左右体癖と自律神経系のつながりは納得できるものですが、何故それが左右の動きと連動するのか、という問題は残されたままです。 唯一手掛かりになりそうなものは「整体。共鳴から始まる」片山洋次郎著p149~p150の記述くらいです。 「動物の場合は発生の過程で、体表が内部に引き込まれて、原腸をつくり、そこから消化器官や呼吸器に分化していく。つまり自力で栄養が作れないわけだから、食べ物として外部からとりこむ必要があるわけで、それが植物との分かれ目でもある。空間から内部を切り取るだけでなく、もう一度外部を体内に取り込む、あるいは飲み込む動きである。そしてまた消化管をもつことによって中心軸ができてくる。 ~中略~ 消化管によって外部を体内化する運動環が生まれると同時に、中心軸をもつことによって非対称性を生む。つまり消化管に入り口と出口(口と肛門)があるので、球体に上下、または前後という非対称が生まれ、ヒトの場合は中心軸に対しては左右の対称性だけが残ることになる。 ~中略~ 「体癖」での中でいえば、左右型3、4種(消化器型)はこの左右バランスの感受性(消化管中心の感受性)が高い体質である。 ~中略~ 左右型の体質的な感性は

野口整体頭部第3(百会)を活性化する方法

頭部第三が敏感な人は多くない、と前回書きましたが、敏感で出っ張っている人にとっては身体全体の発散を促すよいポイントとして活用することができます。 余分な興奮を抑え、会陰から体の中央を上がる気の流れを引き出すことができます。 テンションを上げても会陰から自然に上がってくるエネルギーが働いていなければ本当の集中は得られません。 頭部第三の出っ張ったところを普通の意識で押したり、野口整体式に息を送り込む意識で気を通すと、技術のある人がやるほど、かなりの確率で胸がむかむかしたり、喉がつまる感じを引き起こします。 身体の中心を流れる気の流れは、会陰から百会へ下から上に流れる流れです。 息を送り込む感じで気を送ると上から下に気を流そうとすることになります。それでも気の流れは強くなり、会陰にまで反応は至りますが、頭部第三が出っ張っているのはエネルギーが強くて百会から外に出ようと、身体は求めているということですので、それを促す方向に触った方が自然です。 敏感なポイントを見つけたら、 1手はポイントを触ったままで、そこを起点に矢印をイメージし上側に矢印を向ける。 反応が一番強く出るポイントを見つける 2頭よりも上の空間(10センチでも1メートルでももっと上でもよい)を意識し反応するポイントを探す 3手の甲側でポイントを触る この3の方法は片山さんも常用していますが、手の向きで自然に気を「入れる」ではなく「抜く」方向に向かうのでよい方法だと思います。 頭が涼しくなる、自然にまばたきが起こる、腕、脚が涼しくなる このような反応が気の発散が起こっているサインです。 この反応が起こり始めたら反応を感じる

野口整体頭部第3についての雑感

頭部第三は頭頂部に位置し、つぼでは百会と言われています。 野口整体でのこのポイントの意味は、興奮すると出っ張る・尖る。力が無いと凹む。 心臓の急所であり、肛門と連動している。 心臓が弱い・痔の場合は凹み・穴が広がって感じられる このように言われています。 身体の基本法則として、身体の中心から等距離の部分は連動して動きます。 頭と骨盤で言うと連動関係にある部分が釣り合いが取れていれば、バランスがとれ意思(頭)と行為(骨盤)に矛盾がない状態と言えます。頭が興奮しているのに体が付いていかない、という状態は頭+骨盤-という風に体に現れます。 身体の中心を胸椎5番・壇中として、頭頂(頭部第3)と会陰が末端にあるシーソーのような関係があり、この頭頂から会陰までが繋がって途中で引っ掛からずに気の流れがスムーズであれば、健康である、と考えています。 恥骨中心を1 生殖器を2 会陰を3 肛門を4 尾てい骨を5 とすると 眉間を1 生え際2 頭頂を3 ラムダ縫合5 これは壇中を中心として連動しあうポイントです。 ※この分類は私独自のもので野口整体のものではありません。※ 恥骨から下の地面を向いている部分は骨盤底部です。 眉間(眉毛のライン)からラムダ縫合は天に向いている部分で頭頂部と分類しています。 いわゆる腰の入った状態になると骨盤底部の真下を向いているポイントは会陰から生殖器~恥骨側に行き、骨盤が後屈した状態になると会陰から肛門~尾てい骨と後ろ側に行きます。 このように私の場合は体の中心ラインの力点の移動として捉えています。 痔に関してはサンプルが少なすぎて、確証はありませんが重心の左右ずれが

野口整体頭部第2の補足

頭部第2について調べると、腹直筋と連動していて、硬いとイライラしているとの記述がありました。 そういえば、頭部第二は感情と関係がある、と昔聞いたことがありました。 頭に鬼の角が生えている場所が頭部2の場所だと。 「腸骨筋が弱いと腸骨が後屈します。腸骨が後屈した側は下部肋骨が下に引っ張られて動きが悪くなります。下部肋骨辺りにある肝臓・胃などの消化器の働きが悪くなる、という連動でこのポイントを消化器の急所としているのだ、と私は考えています。右の腸骨筋の動きが悪ければ肝臓に影響が出る。左だと胃、です。 頭部第二が出っ張る=力が強すぎる~腸骨筋の力が強い。重心なので疲れやすい。」 前回このように書きましたが、この続きで 腸骨筋の力が強い~腸骨が前屈して下腹部に力が入るということは、恥骨に付着している腹直筋に力が入る。 このような過程で腹直筋と頭部第2が連動していると言っているのだと思います。 私個人の気の反応からすると頭から腸骨筋に反応が起きて、その力が上に伝わるという過程で、腹直筋の上のつなぎ目の第五~七肋骨辺りや、もう少し下の筋肉が反射運動で力が入り、さらにあったかくなる、という反応が起きるので、結果は同じとも言えます。 気の基本法則として、身体の中心から等距離でシーソーのように反応が連動する、というのがあります。 胸の中心(壇中辺り)をシーソーの支点として頭頂と会陰を末端と見ます。このように捉えると体の連動がシンプルに捉えられます。 基本は上(頭)と下(骨盤)の連動するポイントが反応して動き、その途中で引っ掛かる場所が浮き出てくる、というのが施術においてのパターンです。 恥骨角辺

仙台の紅葉2(西島整体院前)

12月2日整体院前、広瀬通沿いの紅葉はまだ大分残っています。 木によって紅葉の進み方が随分と違うなあと、いつも思います。 東京から移転して仙台で初めての秋ですが、どこの通りも紅葉を楽しめるので本当に良いです。 風が結構強いのには困りました(看板が3回ほど倒れてしまいました)

野口整体の頭部第5について

野口整体頭部第5についての雑感です。 ※私の気的な体感から感じた感想であり、野口整体の正規の見解ではないことをもう一度お断りします。※ 後頭部真ん中の首とのつなぎ目あたりの出っ張ったところ(後頭部隆起)に位置します。下から上に向かって触り、首を上に向け、頭部第一(生え際中央部)と同時に触り、両方をつなげる感覚で気を通す。というのが触り方です。 私はこの場所を頭部の第五として学んだのですが、野口整体の正規の団体では違う場所を頭部第五と解説していました。まずこちらの場所の解説をします。 まずここは呼吸器の急所と言われています。睡眠とも関係が深く寝不足だと硬くなり、二度寝すると後頭部がズブズブになる、と言われています。 この場所はほぼ延髄・橋という呼吸中枢のある場所の同一平面上にあります。 気的な実感としても、このポイントを触ると、喉(顎と首の間ライン)もしくは鼻骨あたりに反応があるので呼吸とダイレクトにつながっていることが感じられるポイントです。 実際の反応としては喉が詰まる感じや、尾翼挙筋が反応して犬が怒っている時の表情に反射的になったり、鼻近辺がすーっと涼しくなったりすることが多くあります。 詰まる反応がある時はその反応が起こっている場所を触ってあげると詰まりが取れるので頭部第5と合わせて触ります。 私自身の反応は、頭部第一とのつながりをあまり感じられないので、頭部5と1を同時に触る、ということはしません。 私自身はほとんどツボのような決まった急所的なポイントで施術する、ということをしないのでその場に応じて起こる反応を第一に施術しています。 もうひとつ正規の頭部第五の場所につい

気の感覚は人によって開かれる

気を感じることは、誰にでもできることです。 しかし、人によってなりやすい病気の傾向が違うように、人それぞれ気の反応しやすい場所としにくい場所があります。 誰かに施術をすることは、自分一人では経験できないエネルギーの流れを感じることです。 気を感じるエクササイズを一人でやるのももちろん大事ですが、誰かに施術をするのが一番気の感覚が開かれる経験です。

野口整体の頭部第2について

前もっておことわりしておきますが、私は野口整体系の操法については非常に短い期間しか学んでいません。ですので野口整体について私がのべることは、あくまでも私の気的な感覚から感じた感想であることを御了承ください。 野口整体において頭部第2というポイントがあります。 このポイントは 両目の真ん中を頭頂の方へ伸ばした線と、両耳の前から伸ばした線が交わる2点にあります。 活元運動の相互運動を始めるときに、後ろの人が前の人に愉気を行う処でもあり、ポカンとすることを誘導する時にここに愉気をします。 同じことを繰り返し考えて、考えがまとまらない 気がついたらいつのまにかまた考えている。そんな時にこのポイントに気を通すと考え事がおさまり、ぽかんとできる、といわれています。 また消化器系統の急所とも言われています。 重心側のポイントが出っ張るとも言われます。 このポイントは前頭骨と頭頂骨のつなぎ目部分にあるので結構わかりやすいポイントです。 何故消化器系統の急所と言われるかというと、ここをさわるとちょうど恥骨の角辺りにぽっと反応があります。 この場所は腸骨筋が腸骨から大腿骨に繋がる途中にあるので、この筋肉の強さと頭部第二の弾力は連動している、と思われます。 腸骨筋が弱いと腸骨が後屈します。腸骨が後屈した側は下部肋骨が下に引っ張られて動きが悪くなります。下部肋骨辺りにある肝臓・胃などの消化器の働きが悪くなる、という連動でこのポイントを消化器の急所としているのだ、と私は考えています。右の腸骨筋の動きが悪ければ肝臓に影響が出る。左だと胃、です。 頭部第二が出っ張る=力が強すぎる~腸骨筋の力が強い。重心なの

視床下部に焦点を合わせて自律神経を活性化する

整体において頭の中心あたりに意識の焦点を当てることは、身体のエネルギーの自発的な動きを促す重要なポイントです。 このポイントはおそらく視床下部、松果体あたりだと私は考えています。 このポイントに焦点が合うと、前回の「呼吸をふわっと整える」でも書いたように頭全体からの気の発散が始まります。 そして呼吸を意識でコントロールすることが難しくなり、気の流れが呼吸や筋肉を反射的に動かすという状態になります。 このような事実からこのポイントは自律神経の中枢である視床下部あたりなのではないか、と想定しています。 このポイントは目の奥、頭の中心にありますが、ただこの視床下部辺りを意識してくださいと言われても、普通なかなか手掛かりがなくて難しいのではないかと思います。 なにか誰にでもこのポイントを意識しやすくできる、方法がないかと考えてみました。 口蓋の奥の上に蝶形骨がありその上に視床下部が位置しているので 一つ良さそうなのが、口を大きく開ける、という方法です。 口の開け方で吐き気を起こさせるのは誰でもできると思います。 吐き気の場合は顔をしかめ、舌に力を入れ口蓋の奥を広げると私の場合は吐き気がします。 口の開け方と口蓋の広げ方で様々な感覚を引き起こすことができます。 これは生理的な反応だと思うので誰でも感じられるのではないでしょうか。 この顔のしかめと舌に力を入れずにただ大きい口を開けて口蓋の上の辺りのいろんなところに焦点を当てていると、目の辺り、こめかみがゆるむ感覚が起こります。口蓋を上に引き上げてみるのも一つの手です。筋肉の反射としては瞬きが自然に起こる。これは目頭周辺の頭蓋骨が動いている