このブログでは片山洋次郎氏の提唱する身体間の共鳴を利用した愉気法についてと、私がそこから得た知見に基づいて野口整体を気的に再検証することをテーマにしています。

​身体間の共鳴を利用した整体ブログ

仙台の整体・仙台駅歩7分

  • otua87

花粉症セルフ整体

仙台はまだ気温的に寒いですが、身体は確実に春に向かって変化しています。

花粉の飛散量も少ないので症状も弱いのですが、敏感に反応している方もいます。

この症状がかすかに出ている時期こそ、目や鼻付近に出ている反応を利用して、気の流れを活性化し体を整えるチャンスです。

どんな痛みや症状も、あまりに強く出てしまうと、つらさやわずらわしさの感情が勝ってしまいます。痒い痒いと思えば思うほど気=意識の焦点が症状に集まり、さらに症状を加速させてしまいます。

症状が弱く出ている時は痒みなどに過度にとらわれることなく、意識の焦点を移動させる「余裕」があります。花粉症のかすかな症候を手掛かりにして、気=意識の焦点の自由な移動が全身の気の流れを変化させることを実感するチャンスとして捉えてみてください。

かくいう私も数年前から、目がちりっとする程度の花粉症の症状が出ています。

花粉症といっても鼻に出る人、目が痒くなる人、ぼーっとする感じになる人、耳が痒くなる人まで様々です。


まず今ある違和感がどこにあるか自覚する。

目であれば、目のどこが痒いのか、意識の焦点を動かして「ここ」というところをサーチする。

「ここ」というところが特定出来たら、その場所を意識しつつ、意識の焦点をいろいろなところに動かしてみる。

自分の眼球をイメージして、その周りをぐるっと回してみたりする。目の裏から下をくぐって前、続いて上と回した場合と逆回転した場合でも反応が違ったりします。目を囲んでいる骨を意識したりするのも反応が出ます。目の上に被っている前頭骨の眉辺りを下から上に意識したり、頬骨の奥を意識したりしてみてください。

例えば前頭骨を下から上にイメージの矢印を当てた時に反応が起こるのは、前頭骨が下に落ちる勢いと逆の力を向けたからです。

うまくポイントに当たった時の反応としては、

反射的な瞬きがおこる

目の周りがすっーとしてくる

首~肩から腕が涼しくなる

後頭部が涼しくなる


さらにうまく反応すれば、頭蓋骨と骨盤が連動して恥骨・生殖器付近が温かくなる

骨盤に力が入り、吸う息が大きくなるなどの反応が出ます。


体に感じる痛みや違和感を、意識の焦点の合わせる場所を変えることによって「忘れる」、ということは私たちは普段からしています。腰などの違和感があっても何か他のことに集中することによって一時的に忘れる、という風にです。

しかし意識の焦点の移動で積極的に痛み・違和感を変化させる、ということをする人はほとんどいない、と思います。しかし実際は意識の方向性を変えるだけで体に感じる感覚は変化します。感覚をつかむまではある程度時間がかかりますが、ぜひ試してみてください。

当ブログや私の先生である片山洋次郎氏の著作に詳しい説明があります。


もう一つのやり方をご紹介します。


目の違和感を軽く意識しながら、身体の中心を下から上に向かう矢印イメージして前後に動かす。鼻付近に焦点が近づくと反応を始めます。一番反応が強く出るところをサーチしてください。出る反応は上に示したものとほぼ同じですが、恥骨・生殖器の反応が出やすいです。

鼻付近ではなく逆にどんどん後ろに焦点を持って行っても強く反応がでる場所があります。

こちらは今の季節に敏感になるポイントを活用しています。

詳しくは以前の記事、野口整体頭部第四に書いてあります。

目以外に症状が出ている場合も、やり方は同じです。「ここ」というところを特定し、その周辺に意識をいろいろ当ててみてください。耳の場合は耳の後ろ側の方に発散を促すポイントがある場合が多いです。





仙台市西島整体院予約

080-3505-7702

​要予約

  • Facebook